ピアスと金属アレルギー

病院に行かずにピアスのホールを耳たぶに無理に開けてしまう若い人が結構居ますが、やめましょう。菌が入って深刻な症状が出てしまうかもしれないからです。運が悪い場合は菌が耳の全体に広がり腐ってしまう危険性もあるのです。ピアスはきちんと医師の下で開けてもらいましょう。
自身で初めてピアスホールを開けようと考えている人は、雑貨屋などで置いてあるピアッサーを使用するのが安全です。その際はロングタイプのものをチョイスしたほうが、よりアフターケアが行いやすいです。加えて、材料はサージカルステンレスかチタンでできたもののほうが、アレルギーの心配なく行えます。
自分でピアスの穴を体のどの位置に作るのか判断ができない場合は、病院やクリニックに出向いて、プロの判断にお任せする方法もあります。今までに何度となくピアスのホールを開けてきた人なので、すぐにあなたに最高の位置を教えてくれます。耳たぶ以外にホールを作る場合は、特に先生に相談をしてください。
長い間ピアスを使用していなかったら、ピアス孔が塞がってしまったなんてことはないでしょうか?実を言うとこれは、閉じたというよりは単に穴が肉で埋まってしまっただけという可能性があるのです。クリームなどの薬品を付けて慎重に差し込んでいくと、通るはずです。ですが、完璧に閉じているケースもありますので注意が必要です。

耳にピアスの穴を開けた人であっても、最初はホールが小さいので、場合によってはそのホールを大きくする必要が出てきます。その広げる作業を拡張と呼びますが、拡張はさまざまなやり方があります。不安ならピアスのホールを開けた病院に相談してみると安心です。拡張には痛みが伴いますので、できる限り慎重になって行ってください。
いつ消毒をやるかで違ってきますが、初めてピアスを装着した後は、ピアスを耳から外すわけにはいきません。ピアスを装着した状態で耳たぶの表側と裏側に綿棒やティッシュなどで消毒液を添付してみましょう。ピンを外せる時期になったら、取った状態で消毒用の液を毎日付けてください。

仮にピアスの穴を自宅で作ろうと思っているなら、市販されているピアッサーを最初に買ってください。値段にして1,000円前後なので別段高くはありません。まずは自分でホールを作りたいポイントを決め、その場所に目掛けて、ピアッサーを用いてください。
最初にピアスのホールを開けた場合は、2カ月くらいは取らないで付けっ放しにしてください。ですが、何カ月も経っているのに穴が安定しないケースでは、アレルギー体質を持っている可能性が大きいと言えます。すぐに近くの医師の所へ行って診てもらった方がいいです。放置してしまうとどんどん悪化してしまいます。ばい菌が体の他の部分に広がる心配も考えられます。