岩波書店が出している『広辞苑』をチェックすると、ピアスとは耳に小さな穴を作って、その穴に通して付けるアクセサリーだと説明されています。本来の英語を書いた場合pierced earringsとなります。ピアスはそもそもpiercedのカタカナ表記だと言えます。earringsの部分が省かれてピアスと言われているのです。
本来この国では女性が楽しんでいたピアスです。ピアス以外にもアクササリーをたくさん装着する女性には、自然な形でピアスが広がりました。シンプルなデザインのピアスを左右の耳に1個ずつなら、ビジネスの現場でも女の人のピアスはオッケーです。大事な商談でもピアスは全然問題ありません。
全体的にピアスは手が出ないほど高額ではないので、気軽なギフトにもなります。贈られた側の人もそれほど気負わなくて済むため、便利な贈り物です。仮に何かプレゼントを用意したい人が普段からピアスを装着しているとしたら、しゃれたピアスをプレゼントしてみるといいです。かなり感謝してもらえます。
一つ上のオシャレを志向するなら、ピアスは必須だと感じます。さまざまなカラーや形状の商品が造られていまして、サッと取り付けるだけでもオシャレ感がアップするグッズということで重要視されているのです。確かに生まれてはじめてピアス穴を開けるのは痛そうな印象を受けますが、酷い痛みを伴うこと無くできますのでぜひチャレンジしてみましょう。

太古の王朝を特集した展覧会などに行くと、大昔の人もピアスをしていたのだと理解できます。特に古代エジプトの王朝などをフィーチャーした博物館に足を運んでみましょう。古代の王族たちがピアスを耳に付けていると分かります。当初は悪魔をよける意味もあったらしいですが、次第に装身具として変わったのです。
昔から衰退せず、ピアスは装飾具の中で大きな人気を得ています。顔周りのオシャレ感を向上させるという用途ではとても有効的なアイテムであり、とくに女の人からの利用は高いです。大半の人は高校に入ってからや大学生となれた頃からつけ始めますが、早い人だと小学生の頃からつけ始める人も存在するという話です。

就職の活動でピアスを付けたまま役員面接に行く学生は、男性の場合ほとんど居ませんが、学生時代などある程度自由がある時期にピアスを付ける男性は多く居ます。社会人になっても、土日などでピアスを装着する男の人は居ます。上手く利用してください。社会の偏見はもはやありません。
ピアスには、利用してもよい年などといったものは別段定められているわけではないですが、聞くところによると高校生から大学生くらいの期間に付けるのが多いとされています。最近ではより早い時期に身に付ける人もいます。海外の国々においては、赤ちゃんのときにピアスホールの貫通を実施するところもありますので、エリアによりまちまちです。